Lobo Picks

新着情報
【受賞】

2022年6月1日
川﨑直人 教授が 公益社団法人 日本水環境学会 功労賞を受賞しました。
(Link: https://www.jswe.or.jp/

2022年3月25~28日
日本薬学会第142
年会(名古屋,オンライン開催) にて大学院薬学研究科薬学専攻博士課程4年の山城海渡さん、 植松勇伍さん、 大学院薬科学専攻前期課程2年の田淵絢子さんが口頭発表
学生優秀発表賞
を受賞

2022年2月22日 大学院薬学研究科薬学専攻博士課程3年の山城海渡さんが第29回日本健康体力栄養学会大会にて発表
最優秀発表賞を受賞

2021年3月27日
川﨑直人教授が日本薬学会学術誌Awardである The Most Published Author Award 2016-2020 in CPB に選出
(Link:  https://www.pharm.or.jp/journals/AJA2020.pdf

2021年1月
大学院薬学研究科薬科学専攻博士前期課程2年の永橋瑛梨さんの論文「Characteristics of raw and acid-activated bentonite and its application for improving electrical conductivity of tap water」がChemical and Pharmaceutical Bulletinの Featured Articleに選出
 
2020年10月20日~22日
緒方文彦講師が第79回日本公衆衛生学会総会にて発表
ポスター賞を受賞

2020年6月16日
緒方文彦講師が日本水環境学会の 論文奨励賞(廣瀬賞) を受賞

2020年6月29日~7月1日
緒方文彦講師が  日本毒性学会 奨励賞 を受賞

2019年10月12日
緒方文彦講師が 日本薬学会関西支部 奨励賞を受賞

2019年10月22~24日 大学院薬学研究科薬学専攻博士課程1年の植松勇伍さんが第78回 日本公衆衛生学会総会にて発表
優秀ポスター賞を受賞

2019年8月31日~9月1日
川﨑直人教授が 日本薬学会 環境・衛生部会 学術賞を受賞

2019年8月4~5日
大学院薬学研究科薬学専攻博士課程1年の植松勇伍さんと山城海渡さんが第17回近畿大学環境科学研究会にて発表
優秀発表賞を受賞

2019年3月20日
大学院薬学研究科薬科学専攻博士前期課程2年の永橋瑛梨さんが未来医療創薬イノベーションシンポジウムにて発表
優秀ポスター発表賞を受賞

2018年11月19~22日
3rd Regional IWA Diffusion Pollution Conferenceにて緒方文彦講師が発表  Poster Presentation Award 受賞

2018年8月6, 7日
大学院薬学研究科薬科学専攻博士前期課程2年の永橋瑛梨さんと小林悠平さんが第16回近畿大学環境科学研究会にて発表
優秀賞を受賞

2018年5月25~27日
(株)毛髪クリニックリーブ21との共同研究「男性型脱毛症(AGA)とヘモグロビン量またはストレスとの関連性に関する基礎研究」を第18回日本抗加齢医学会総会で川﨑教授が発表
優秀演題賞を受賞

2018年1月24日
「Adsorption of nitrite and nitrate ions from an aqueous solution by Fe-Mg-type hydrotalcites at different molar ratios」がChemical & Pharmaceutical Bulletinにaccept  Highlighted Paper Selected by Editor-in-Chief, Featured Articleに選出

2017年10月 大学院薬学研究科薬科学専攻博士前期課程1年の 小林悠平さんが第67回日本薬学会近畿支部総会・大会で発表
ポスター賞を受賞

2017年4月
中村武浩助手が東京理科大学大学院博士課程在籍時に日本薬学会第137年会にて発表
学生優秀発表者賞を受賞

【共同研究・発表】

2022年2月22日
(株)ツルハホールディングスとの共同研究「新人薬剤師における骨粗鬆症関連情報の理解度調査」を第29回日本健康体力栄養学会大会(大阪)にて発表
特別発表賞受賞

2020年3月26日
ViewSend ICT(株)(試料提供: 連南瑶族自治県源然泉水有限公司)との共同研究「ネラルウォーターにおけるミネラル量の測定とその特徴を用いた歯科の健康保持」を日本薬学会 第140年会にて発表
医療ツーリズムにも関心を持っているYaoZhai Springのミネラルウォーターは,歯の健康に有用であるフッ素量が多い等の特徴があります。
フッ素量:0.4~1.7㎎/L
硬度:6.3~10mg/L
ケイ素(SiO2):22~26mg/L
(一般社団法人 日本食品分析センターによる分析結果)

2019年3月21~23日
上原成商事(株)との共同研究「流通法による活性白土を用いた導電率の低減に関する検討」を日本薬学会 第139年会にて発表

2018年11月20~22日
関西触媒化学(株)との共同研究「Adsorption of phosphate ion onto nickel-aluminum complex hydroxide at different molar ratio from aqueous solution」を3rd Regional IWA Diffuse Pollution Conference (Chiang Mai, Thailand)にて発表

2018年11月3~4日
(株)ツルハホールディングスとの共同研究「薬局薬剤師における調剤業務によるストレス変化」を第12回日本薬局学会学術総会(名古屋)にて発表
 
2018年10月
クリーンケミカル(株)との共同研究「医療機器基材であるsus304 に対する各種消毒薬の影響評価」を第68回日本薬学会近畿支部総会・大会にて発表
 
2018年5月25~27日
(株)毛髪クリニックリーブ21との共同研究「男性型脱毛症(AGA)とヘモグロビン量またはストレスとの関連性に関する基礎研究」を第18回日本抗加齢医学会総会にて発表
NHK総合「ニュースほっと関西」にて放送
産経新聞へ掲載

【講演・発表】

2022年3月26~28日
日本薬学会 第162年会にて発表(緒方,中村,山城,植松,田淵)

2022年3月16~18日
第56回日本水環境学会年会にて発表(緒方,田淵)

2022年2月22日
第29回日本健康体力栄養学会にて発表(山城,山口)

【新着】

2021年8月6日
緒方文彦講師の研究テーマが(公財)服部報公会 令和3年度工学研究奨励援助金に採択されました。
研究テーマ名「 金属複合水酸化物を用いたレアメタルの再資源化技術の確立」

2021年7月12日
緒方文彦講師の研究テーマが2021年度公益財団法人クリタ水・ 環境科学振興財団助成事業に継続採択されました。
研究テーマ名「 持続可能な開発を指向した金属複水酸化物による有価資源の回収」

2021年2月22日
緒方文彦講師の研究テーマが令和2年度 一般財団法人 向科学技術振興財団の研究助成に採択されました。
研究テーマ「植物バイオマスを基材とした吸着処理を基盤とする水質浄化技術の開発」

2020年8月28日
緒方文彦講師の研究テーマが2020年度公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団助成事業に採択されました。
研究テーマ名「持続可能な開発を指向した金属複水酸化物による有価資源の回収」

2020年5月7日 共同研究先である ViewSend ICT(株)連南瑶族自治県源然泉水有限公司よりマスク4000枚を寄贈頂きました。 【詳細はこちら!】
寄贈者:中国表記:連南瑶族自治県源然泉水有限公司【瑶寨山泉】
英語表記:Liannan Yao Autonomous County Yuanran Spring Water LTD.CO 【YaoZhai Spring】

2019年11月~2020年10月
緒方文彦講師は, チェンマイ大学薬学部(タイ王国)へ「タイ国内における河川水質調査および吸着処理を基盤とした水質改善処理技術の開発に関する研究」のため在外研究中です。
留学先:Natural Active Pharmaceutical Ingredients Research & Development unit (PI, Chalermpong SAENJUM, Ph.D.), Department of Pharmaceutical Sciences, Faculty of Pharmacy, Chiang Mai University (Thailand)
チェンマイ大学は,国内で屈指の最高教育機関として高い評価を受けています。

2019年7月1日~8月31日
Chiang Mai University(タイ王国)のDr. Chalermpong Saenjumの研究室から「国際プロフェッショナル養成プログラム」の一環として3名の学生が来日し,タイ産由来植物バイオマスの物理化学的特性評価と水環境浄化技術への適用に関する研究を実施しています。
なお,研究期間は7月1日~8月31日の2ヶ月間となります。
 
Three students came to Kindai University (Laboratory of Public Health, Faculty of Pharmacy) from Chiang Mai University in Thailand (Dr. Chalermpong Saenjum, Faculty of Pharmacy) for the Internaational Professional Training Program. 
They are investigating the physicochemical properties of waste plant biomass from Thailand and evaluating the application of it for water purification processing.
Research period: 1/7/2019 - 31/8/2019 (2 months) 

【共同研究・論文】

2020年4月24日
(株)ツルハホールディングスとの共同研究「薬局薬剤師における職業性ストレスとインシデントとの関連性」が薬局薬学にaccept

2020年3月17日
チェンマイ大学薬学部との共同研究である「Determining of the water quality of the Ping River at different seasons in Northern Thailand」 がChemical and Pharmaceutical Bulletinにaccept
 
Paper title "Determining of the water quality of the Ping River at different seasons in Northern Thailand" was accepted in Chemical and Pharmaceutical Bulletin. This paper is a collaborative research with Faculty of Pharmacy, Chiang Mai University (PI, Chalermpong SAENJUM, Ph.D.).

2019年10月15日
(株)毛髪クリニックリーブ21との共同研究「男性型脱毛症(AGA)とストレスなど生活習慣との関連性に関する基礎研究」がFRAGRANCE JOURNALに掲載